コピペで使えるプロンプト集はこちら

【分断がおきる】AIをつかえる人・つかえない人あなたはどっち?

この記事の9割は「Catchy」という国内最大級のAIライティングサービスを活用して作られています。

では本編をどうぞ!

AIの普及により、つかえる人・つかえない人の分断が起き、お金持ちと貧乏人の差がより開く可能性があります。このような分断がなぜ起きてしまうのか。

この記事ではAIをつかえない人が受ける影響を3つ考察したうえで、試しておきたいAIをご紹介します。

AIの普及により起きる3つの変化

基準が変わり評価されなくなる

AIがさまざまな産業に組み込まれることで、人材の評価基準が変わる可能性があります。

反復作業はAIによって効率化され、早く作業ができる人・失敗の少ない人の評価が落ち、問題解決能力・創造性・批判的思考力を持つ人が評価されるようになります。またコミュニケーション、感情的知性、チームワークなどのソーシャルスキルは、雇用市場においてますます重要になります。

さらにAIを使いこなすこと自体が、重要なスキルになりつつあります。企業は業務の効率化、イノベーションの促進、競争力を維持するための、幅広い知識と能力を備えた従業員を求めています。

結論として個人に求められる能力が「AIの活用」と「ソーシャルスキル」へと移行し、価値ある従業員とは何か再定義されるかもしれません。

いままでの検索力が役に立たなくなる

これからは「検索力」から「質問力」へ求められるスキルがシフトしていきます。

AIが普及すると、より簡単に情報へアクセスできるため、検索する能力は不要となり、欲しい情報を引き出す「質問」が重要となります。

つまり情報収集の在り方が変わってしまうのです。しかしAIには文脈の理解や意思決定、創造的な思考ができないため、正しい問いを立て、返答を解釈・分析する能力が必要になります。

技術の進化にともない、特定の仕事や業務が廃止される可能性もあります。そんな中でも、質問力を持った人は変化する雇用に適応し、新たなキャリアを見いだせるでしょう。

成功する可能性を減らしてしまう

AIの一般化により個人が挑戦できる回数が増えて、多くの成功者が生まれる可能性があります。

AIはデータの迅速な処理、情報に基づいた提案をしてくれるため、新しいアイデアやアプローチを頻繁にテストすることが可能です。

以前なら挫折していた人も、新たな視点を貰うことで成功への一歩を踏み出せます。

さらにAIがリアルタイムのフィードバックを提供することで、挑戦にともなうリスクを軽減できます。これにより資本力の劣る個人であっても、大胆な意思決定を行うことが可能となります。

一度は試しておきたい文章生成AI

ChatGPT(世界最大級)

アメリカのOpenAI社が開発した文章生成AIで、サービス公開からおよそ2カ月で1億人もの利用者を獲得している、今もっとも注目されています。

Microsoftが1兆円規模の追加投資を検討するなど、今後さらに発展する見込みがあります。

2023年2月現在は無料で利用できるため、どのAIを試せばいいか分からない人にはおすすめします。

Catchy(国内最大級)

2022年6月のリリースから半年で3万人が登録した、国内最大級のAIライティングサービスで、上記のChatGPT-3が搭載されています。

100種類以上のツールで文章を生成でき、ビジネスから副業・SNS運用まで幅広く支援してくれます。

国内向けのサービスのためサポートが充実しており、英語が苦手な人も安心して利用できます。

公式ページを開く

こちらのリンクで「AIがライティング【Catchy】」公式ページに飛べます。

登録画面に進む

サイトに入ったら赤枠部をクリックして登録画面に進みます。

使いやすいアカウントでログイン

Googleでログインする場合は赤枠をクリックし、お持ちのアカウントを選択してください。Facebookも同様です。

登録完了

上記画面が開いたら登録完了です。画面右上の「クレジット」がある間は無料でつかえます。

AIをつかえる人になるには

馴染むまでAIをつかい続ける

AIに馴染むには触り続ける大切です。頻繁に利用することで機能に慣れ、システムへの理解が深まります。また技術の進化や改善にともなう変化、最新の情報を入手することができます。

触り続けることが難しいと感じる人は、Google検索をする前にAIに聞いてみる習慣をつけてください。

質問するときは漠然とした質問を投げて、返答に対して細かく聞いていくと良い回答が貰えます。

アウトプットに活用する

質問する習慣をつけたとしても、頻繁にGoogle検索をしている人は少ないでしょう。そんな場合はAIに質問した内容をnote(無料ブログ)やTwitterなどでアウトプットすると、多くの反応を得られます。

またAIを触る過程で分かったことをシェアするなど、情報を流すと仲間ができます。このような仲間はAIを触るモチベーション維持にも最適です。

もしnoteやTwitterを利用していないのなら、この機会に始めてみましょう。

共有された情報を試してみる

一人でAIを触っていると同じパターンの質問しか思いつかず、停滞する時期が来ます。そこで役に立つのがNote(無料ブログ)やTwitterでできた仲間が共有したノウハウです。

いろいろ試すうちに良い発見があるはずです。そうした情報をフィードバックすると頭が整理されて、ノウハウを蓄積しながら人材価値を高められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA